バイクで立ちゴケした時の対処方法

バイク乗りなら誰でも経験しちゃう、
バイクの立ちゴケ。悲しいですよね~。

バイクの立ちゴケは、本当に嫌ですね。
バイクのマフラーにキズが付いたり、

友達コケ

バイクのクラッチレバーが曲がったり、

レバー曲がり

最悪の時はバイクのブレーキレバーが折れたりします。
「ポキッ!」

レバー折れ

それでもって恥ずかしい。
バイクで立ちゴケした時、
周りに誰もいない所ならまだいいのですが、
バイクで立ちゴケする場所って大体決まっていて、
休憩する時が多いんです。

バイクツーリングで休憩する時は、
たいがい人が集まる所ですよね。
僕達がバイクツーリングで休憩する所は、
「道の駅」が多いです。

道の駅

「道の駅」は、ご当地の名産とか、
置いてあるので、つい寄ってしまいます。
「道の駅」となると、
バイクだけではなく、
車でドライブしている人も休憩します。
人が多い所でバイクで立ちゴケしやすいんですね。

「恥ずかし~」

バイクの立ちゴケは初心者に限ったことではありません。
20年以上バイクに乗っている僕でもやりましたし、
友達もバイクで立ちゴケやってました^^
では、なぜバイクで立ちゴケしてしまうのか?

バイク立ちゴケの一番の原因!
バイクのサイドスタンドの出し忘れ。
これ、やっちゃいます。

バイクのサイドスタンド出したつもり。
この出したつもりが危険なんですね。
これはバイクロングツーリングで、
疲れが出てきた時が一番起きやすいです。

時間的には、午後3時頃。
昼ご飯を食べて、お腹一杯になり、
バイクツーリングをしていて、3時の休憩が一番危険!

一服

疲れもあるし、
今までバイクを運転していて、
気を張っていても休憩という事で、
気が抜けてしまうのですね。
僕がバイクで立ちゴケした時もそうでした。

「道の駅」に着いて、
バイクを止めて、バイクから下りたら、
ガシャーン
バイクのサイドスタンドを
出すのを忘れてしまっていました。

「あ~!」

で終わりです^^
友達には、笑われるし^^

「何でバイク倒したの?」
なんて聞かれてしまいました。
いつもなら、ちゃんとバイクのサイドスタンドを
ちゃんと出すのですがね…
この時は、トイレに行きたくて仕方なかったから、
早くバイクを降りたかったのもあったのかな?

僕の場合、バイクのエンジンカバーに
キズが付いた程度で済みましたが、

エンジンカバー

バイクの立ちゴケで一番怖いのが、
バイクのブレーキやクラッチの
レバーが折れてしまう事なんです。

ブレーキレバーの場合最悪の時は後ろブレーキがあるので、
バイクのスピードを控えめに走れば何とかなりますが、
クラッチレバーはそうはいきません。

クラッチレバーが折れてしまったら、
ギアチェンジが出来なくなってしまいバイクが走れなくなります。

これでは帰れないので、応急処置として、
工具をクラッチレバーの代わり
にしてしまう。
工具とクラッチレバーを針金で固定すると、
仮設クラッチレバーの出来上がり。

応急処置

こんな事も可能です。
針金と、車載工具を積んでおくと最悪の時役に立ちます。
参考にしてみて下さい。

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す