ライディングテクニック 疲労のメカニズム

Pocket



バイクツーリングでの疲労のメカニズム

バイクでツーリングするのは楽しいし、面白いですよね。
でも、バイクに乗るという事は、日常では行動しない事を
するので、どうしても疲れます。

では、どうやったら疲れないでバイクツーリングを楽しめるのか?
これは、ライダーの悩むところです。

バイクに乗る事で疲れてしまう原因を挙げてみました。
これらの原因を減らせれば疲れも減るという事です。

ライディングフォームによる疲労

バイクライディングフォーム

車の4輪と違って、バイクは2輪なので、
バランスを取る事から始まります。
この違いをしっかり理解してツーリングに出かけると、
バイクツーリングでの疲労も違ってきます。

バイクツーリングをする時はいかに、
疲れないライディングフォームで、
バイクに乗れるかがカギとなります。
簡単に言えばリラックスしてバイクに乗れれば、
疲れないで、ツーリングを楽しめます。

温度変化による疲労

ツーリングトンネル
人間の体温は一定に保たれるように
「恒常性維持機能」という機能で、
体温が一定に保たれるようになっています。
バイクツーリングでは、体にもろに風が当たるので、
体温に影響しますね。

例えば、夏場薄着でツーリングしていて、
トンネルに入った時と、
トンネルから出た時の温度差は、
結構体には重荷になっているのです。

温度差が激しいので、
体温を維持する為に多くのエネルギーを消費して、
疲れてしまうのです。

夏場でも長袖、
長ズボン
でバイクに乗ると疲れを軽減する事が出来ます。

夏は、どうしても暑いのでTシャツ1枚でバイクに乗ったりしませんか?
これはダメなのですね。
気持ちは分かるのですが、基本は肌の露出をなるべく少なくする事!
夏でも長袖、長ズボンが基本です。

車体振動による疲労

バイク車体振動
人間は一定時間以上揺れる状態にさらされると、
自律神経のバランスが崩れて神経が過度に活性化して、
ストレス状態になるそうです。
エンジンの振動、路面のギャップ等が原因ですね。

長距離ツーリングだとどうしても休憩をしないで、
ツーリングしちゃいますよね。
これってかなり危険な行動なんです。
判断能力が衰えてしまい、危険回避も遅くなってしまうのです。
長距離ツーリングでも1時間に1回は休憩出来ると、
疲れ方は全然違ってきます。
適度な休憩を取る事で疲労を軽減出来ます。

風圧と騒音による疲労

バイク風圧

低速だとそんなに気にならない風圧、
しかしバイクだとどうしてもスピードを出してしまいがち。

スピードを出せば当然風圧が強くなり、体に影響します。
風圧が強くなれば風切り音も大きくなり音による、
疲労もたまってきます。

バタつかないライディングウェアで、
バイクに乗る事で軽減されます。

道路状況の判断による疲労

ツーリング道路状況
バイクに乗っていて道路状況に対応する為に、
脳は常に、かなり高度な興奮状態でいます。
信号、交差点、自転車、歩行者、カーブ、対向車など、
バランスを崩したら転倒してしまうので、
かなりの情報処理をしてくれています。

バイク転倒
そんな状況が終わって休憩の時はホッとして、
疲れがドッと出ますよね。
それだけ神経を使っているという事なんです。

これは無理な運転をしない事と、
スピードを出しすぎない。事で疲れはかなり軽減されます。

バイクに乗るとやはり疲れますよね。
コレは人間の体が、
バイクの性能に対応できない事が原因のようです。

でもそんな事言っていたらバイクに乗れませんよね。
いかに疲れなくして、
バイクに乗るのかがカギになってきます。

疲れないでバイクに乗るには、
キチンとした服装で、
正しいライディングフォームで
無理をしない事。
これに尽きます。

服装は買えば何とかなる。
スピードは出さないようにすれば良い。

もし、ライディングフォームで悩んでいるなら、
コチラをご覧になって見て下さい。↓ ↓

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す