疲れないライディングテクニック ヒジに余裕があると疲れが激減する

ライディングポジションで疲れ方は全然違う。

何気なくバイクを運転していて、
気が付くと腕が突っ張っていて、
ハンドルに体重をかけてライディングしてしまっている。
こんな経験ありませんか?

ライディングポジション一つだけで、
ツーリングの時の疲労を軽減出来る方法があります。

僕はしょっちゅうあります。
これって良くないんですよね。
腕が突っ張ったままライディングしていると、
道路のギャップなんかの衝撃を肩と腕で、
モロに受けてしまうのです。

この腕が突っ張った状態でライディングしていると、
腕や肩に負担がかかってしまい、
疲労や痛みの原因になってしまうのです。

僕も、ツーリングしているときに、

「なんか手首が痛いな~」
「クラッチを切るのが辛い」

なんてことはしょっちゅうあるのですが、
そんな時はやはり、
腕が突っ張ったままライディングしているのですね。

疲れないライテク-1

クラッチを切るのが辛い時っていやですよね~
だってクラッチを切らないと、
ギアチェンジ出来ないんですから。

いつまでも1速で走るわけにもいきませんからね。
腕が突っ張ったままライディングしていると、
疲れが溜まって腕や肩が痛くなるだけではなく、
急な危険に出会った時、
危険回避が出来なくなるのです。

腕に余裕を持たせて少しヒジが曲がる程度の
ライディングポジションだと疲れが激減して、
危険回避の時もスムーズに対応できるのです。
腕が突っ張ってしまわないようにする、
ライディングのコツはまず、

ニーグリップをしっかりする。
アゴを引く。
少し前かがみになり、
背筋で体重を支える感じですね。

疲れないライテク-2

そうすると、自然に腕が少し曲がって、
ヒジに負担がかからなくなります。

ハンドルには手を置いて軽くグリップを握る感じです。
これだけでもかなり疲労が激減しますよ。

疲れないライテク-3

慣れないとすぐに腕が突っ張ってしまうかもしれませんが、
常に意識してライディングしていると、
自然と腕が突っ張らなくなり、
手首の痛みもなくなりますよ。

是非アナタも腕を突っ張らせないで、
軽くヒジが曲がる程度のライディングポジションで、
バイクに乗ってみるように心がけてみて下さい。

そうすると、
今までと、手首や腕の疲れが違うのを体感出来ます。

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す