疲れないライディングテクニック タンデムの時のブレーキの掛け方

Pocket



タンデムの時はリアブレーキで止まる。

高速道路のバイクのタンデム走行が解禁されて、
タンデムツーリングをする事も多くなります。
タンデムをすると当然バイクの重量が増えるので、
ブレーキの効き方も変わってきます。
そんなタンデム時のブレーキのスムーズな、かけ方は
リアブレーキを使う事なのです。

一人でバイクに乗っていると、使いにくいリアブレーキ。
一人でバイクに乗っていてリアブレーキを強く掛けすぎると、
リアタイヤがロックしてしまい使いにくいですよね。

一人でバイクに乗っている時はフロントブレーキがメインになります。
フロントブレーキの方が効きが良いですから。

でも、タンデムの時は話が違ってくるのです。
当然タンデムしているので、後ろが重くなるので、
リアタイヤに荷重がかかります。
そうなると、リアブレーキを強くかけても、
リアタイヤがロックしにくくなるのです。
この特性を生かしてリアブレーキを活用しましょう。

タンデムブレーキ-1

タンデム走行の時は当然バイク自体の重量が増えます。
赤信号で停止しようとして、いつも一人でバイクを運転しているつもりで、
フロントブレーキをかけると、停止位置で止まれなくて、
強くフロントブレーキをかけてしまい、
バイクが強烈に前のめりになって、ヘルメットが、
ゴツンと当たったりした経験ありませんか?

相手を気遣ってブレーキを緩めたりすると、
停止位置を過ぎてしまい、
オーバーランになって更に危険になってしまう。
こんな悪循環になってしまいます。

こんな現象を防ぐにはバイクのリアブレーキの活用なのです。
タンデムしている時のリアブレーキは、前のめりにならないし、
ブレーキの効が良くなるのでオススメですよ。

後ろに一人乗っているので、後輪が地面に押し付けられて、
ブレーキが効きやすい状態になっているのです。

タンデムの時のリアブレーキのかけ方のコツは、
かかとをステップに乗せて、かかとに力を入れるような感じで、
リアブレーキをかけると微調整も出来るので、
かなり使い易いブレーキになります。

タンデムブレーキ-2

タンデムの時のブレーキはリアを先にかけて、
フロントブレーキは補助的に使うとスムーズに止まれますよ。

比率は、リア7:フロント3

くらいの比率でバイクのリアブレーキを使用すると、
安定したタンデム時のブレーキ操作が可能になります。
一度試してみて下さい。
「後ろブレーキってこんなに効いたのか!」
と体感出来ますよ^^

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す