大型自動二輪車免許 クランクのコツ

Pocket



大型自動二輪車免許 クランクのコツ

簡単そうで以外に難しい、
大型自動二輪車免許課題のクランク。

クランクにもコツがあるのです。
教官が教えてくれないクランクのコツを公開しちゃいます。

大型自動二輪免許クランクコース

課題としては直角のコーナーを2回曲がるだけですが、
なかなか難しいんですね。

大型自動二輪車免許の課題のクランクでは、
狭い道幅を通過するので、速度は控えめに走行します。
両側にパイロン(三角コーン)が置いてあるので、
余計走りにくいです。

あれハッキリ言って邪魔ですよね。
最初慣れない時は何本か倒しちゃいましたよ^^

パイロンが置いてあるので、
大型自動二輪免許の課題のクランク道幅は、
1.4mと結構狭く設定されています。

【クランクを簡単にクリアするコツ】
大型自動二輪免許の課題クランクの走行の時は、
教官が僕に指導したのは、
ギア2速で通過するようにと、指導されましたが、

2速で走行しているとクランクで曲がる時、
減速して通過しようとすると、
エンストしちゃったり、
バイクのエンジンが止まりそうになっちゃうので、
教官の言う事を無視して、
僕はいつもバイクのギアは1速で通過していました。

バイクのギアが1速だとスピードも出ないし、
エンストしそうにならないので走行が楽です。

大型自動二輪車免許の課題クランクには、
ギアの規定は無いので1速でもOKです。

僕は免許センターの大型自動二輪車免許一発試験でも、
1速で通過していましたので減点にはなりませんよ。

大型自動二輪車免許課題クランクの通過の仕方

①クランクの課題の手前で減速してギアは1速に落とす。

②そのままの流れでクランクに進入します。
(一時停止しない)

③クラッチとアクセル操作でスピードの調整をする。

④スピードが出すぎたら後ろブレーキで減速する。

ここで前ブレーキを使うとバランスを崩すので、
ブレーキは後ろブレーキが基本です。

ライン取りは外側から進入するようにします。
コースの幅が1.4mしかないので、
真ん中とか内側を走行すると、
内輪差でパイロンに接触してしまうからです

パイロンに注意しながらコースの外側から曲がる。
大型自動二輪車免許課題クランクはバイクを倒さないで、
ハンドルを切って曲がります。

大型自動二輪免許クランク走行

半クラッチにして、
曲がり終わる時にアクセルを開けて通過します。

視線は次のコーナーを見るようにすると安定します。

クランクが終わったら左右確認をしてウィンカーを出して、
コースに出ればクランクは終了なのですが、
コースに出る時のウィンカーを出すタイミングは、
2個目のクランクに入ったら
次曲がる方向にウィンカーを出せば楽に走行できますよ。

コースに優先車が来なければそのままコースに出ます。
ここでも一時停止しなくていいです。

【大型自動二輪車免許課題クランクを突破するコツ】

バイクのクランクは、ライン取りで決まります。
必ず外側から
進入するようにしましょう。

そうすると以外に簡単に曲がれるようになります。
あとは半クラッチとアクセル操作だけなので、
そんなに難しい課題ではないです。

大型自動二輪免許クランク走行方法
【減点対象項目】

●パイロンに接触すると減点対象です。
●パイロンに軽く接触程度なら減点です。
●パイロンを倒したら検定中止です。
●脱輪、足つきでも検定中止になります。

実際に一般公道でバイクを運転すると、
結構クランクのテクニックを使う事が多いのです。

低速で走行する事って結構あるのです。
クランクのライディングテクニックを身につけておくと、
結構便利ですよ。

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す