大型自動二輪免許 バイクの引き起こしのコツ

Pocket



バイクの引き起こしのコツ

大型自動二輪に限らず、
バイクの引き起こしをアナタは苦手としていませんか?
腕力だけで、重いバイクを起こすのは無理があります。
重い大型自動二輪車を起こすコツを解説します。

バイク引き起こし最初

確かにバイクは鉄のカタマリなので重いです。
普通二輪でも200kgはあります。
大型自動二輪ともなると250kg~300kgになります。

この鉄のカタマリをまともに起こすのは無理です。

大人が持てる荷物の重さは30kgなんですね、
良い例が米袋です、1袋が30kg
米袋を持ち上げるだけでもかなり大変ですよね。

僕もよく米を精米しに近所の精米所に行きますが、
車から精米機に持って行くのが結構大変。
気合を入れて米袋を持ち上げます。

米袋を持ち上げるのもコツがあるのです。

米袋しゃがむ

腕の力ではなく、足の力で持ち上げると、

米袋良い例

負担が少なく米袋を持ち上げる事が出来ます。
この時腰は曲げない事。
腰を曲げて米袋を持ち上げると腰を痛めます。

米袋悪い例

30kgの米袋でも大変なのに200kg~300kgのバイクを
まともに起こす事は無理です。

しかし、バイクは2輪なので転倒する事があります。
周りに人がいれば助けを求める事が出来ますが、
人通りの少ない山の中でバイクを倒してしまったら
助けを求めるのは無理です。

だから最低でも自分でバイクを起こす事が必須なんです。
バイクの引き起こしの動画がありますので、
参考にしてみて下さい。

※注意音が出ます※

バイクの引き起こし方にもコツがあります。

バイクの引き起こし手順

バイクを起こしている時にバイクが動かないように、
ギアを1速に入れます。

バイク引き起こしコツ

右手をバイクの後部座席の下にある荷物フックをつかむ。
(この時右手は伸ばしきった状態で)

イメージとしてはロープとフックで引く感じ。

ハンドルは左に切る。
左手はハンドルを持つ。

少しバイクを軽く起こしてタイヤを設置させ、
隙間を作りバイクの下に足を入れて、
腰を当てるようにして、
脚力と腰を使ってバイクを押し上げる感じ。

だから腕力はほとんど使わないのです。
このやり方なら女性でも簡単にバイクを引き起こせます。

腕力で無理にバイクを起こそうとすると、
腰を痛めるので注意が必要ですよ。

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す