大型自動二輪免許取得のコツ 左折の仕方

Pocket



大型自動二輪免許試験でコース走行では、
必ず左折を何回もします。

左折の法規走行の基本は、
30m手前までにウィンカーを出す事です。

「は?それだけ?」と思いませんでしたか?

基本はそれだけなんです^^
何も無い所で交差点1つだけなら、
この基本操作だけで済みます。

でも試験場のコースはそんなに広くないので、
交差点が近かったり、課題が手前にあったり、
いろいろ悩む事もあります.。

一般道では通用しないような事でも
試験場のコースでは、
それが当たり前という走り方もあるのです。

福島県運転免許センターコース図

大型自動二輪免許ライン取り左折

①の左折の場合
これは波状路の課題に入る為の左折です。

手前に大きい交差点と、
四輪車のクランクがあります。
左折する30m手前までに、
ウィンカーを出さなくてはいけないので、
この場合は大きい交差点の手前からウィンカーを出します。

これは一般道では考えられない事ですね。
これを一般道でやったら、
「なにやってんだコノヤロー!」状態です。
クラクションを鳴らされちゃいます。

交差点の手前でウィンカー出してその交差点は、
直進しますから。

もちろん四輪のクランクなんかも無視ですね。
これが法規走行というやつです。

波状路の課題に入る時は、
あくまで左折する所の30m手前までに、
ウィンカーを出す、
波状路に入る手前で左後方確認、
左折の手順ですね。

②の左折の場合
波状路の課題を終えて交差点を左折する。

波状路から車線に出るには右ウィンカーを出して、
右後方確認、
車線に出たと同時に左ウィンカーを出す、
ココは忙しいです。

右後方確認して前向いたら、
速攻左ウィンカーですから、
四輪のクランクは無視、
信号が青ならそのまま進んで、
交差点を左右確認して、
左後方確認をして交差点を左折する。

③の左折の場合
一本橋の課題を終えて交差点を進んで左折する。

一本橋の課題は一本橋を終えると一時停止します。
発進する時は右ウィンカーを出して、
右左後方確認をして発進、
交差点に入ったと同時に左ウィンカーを出す、
四輪のクランクは無視、
交差点手前で右左確認、
この場合交差点の確認は、
右→左→右
とやると検査官には好印象を与えるようです。

④の左折場合
クランクを通過してS字に入る。

このS字に進入する左折の場合、
大きい交差点を通過した後、
手前にクランクの課題があります。

この場合のウィンカーを出すタイミングは、
大きい交差点を通過した後ですね。

大きい交差点を通過したら、
左後方を確認してウィンカーを出す、
クランクの課題は無いものとして通過。

S字に入る時にも左後方確認してS字に入る、
S字の次も左折なので、
この場合は左ウィンカー出しっぱなしですね。

これが左折の法規走行です。
あくまで左折するポイントの30m手前までに、
ウィンカーを出す事が基本になってきます。

どうしても運転免許を持っていて一般道を走行していると、
こんな事やったらヤバイんじゃね?
なんて事もありますが、
あくまで免許センターでの試験は、
法規走行が出来るかどうか
を見ています。

ですから左折するポイントの手前に、
交差点があろうが、
他の課題があろうが関係無いのですね。

左折の基本30m手前までにウィンカーを出す。
これをしっかり押さえておくと良いです。

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す