大型自動輪免許取得のコツ 右折、車線変更の仕方

Pocket



大型自動二輪免許一発試験で悩む課題が
右折と車線変更です。

基本は車線変更の3秒前までにウィンカーを出す。
右折の30m手前までにウィンカーを出す。

何もない直線で車線変更するのは何の問題もないです。
しかし、運転免許センターのコースは、
そんなに甘くはないですね。

途中に交差点があったり、
右折した次に又右折とか、
いろんな条件が重なって

「これはどこでウィンカー出せばいいんだ?」

なんて疑問が出ます。
なんていったって一般道と試験コースの走り方は、
全然違いますからね。

試験コースの場合はあくまで法規走行が基本になります。
一般道で、「これやったらヤバイんじゃね?」
なんて走り方も結構あります。

右折のポイントを説明します

福島県免許センターコース図

大型自動二輪免許右折

①の右折の場合
交差点から左折して直線に入り、
二車線の幹線道路に右折して出て、
その先に又右折する。

この場合は交差点から左折して、
センターライン寄りに直線に入ったと同時に、
ウィンカーを右、
一時停止して安全確認が終えたら発進する。
幹線道路走行は、
車線変更するのでセンターライン寄りを走行。

この時ウィンカーは右で出しっぱなし。
次に3秒走り、右後方確認をして、
車線変更をする、ここでスピードを出し過ぎると
次の右折手前30mが無くなってしまうので、
スピードは抑える事!

これが一般道の走り方と違う所ですね。
一般道でこんなことやってたら間違いなく、
クラクションが鳴りますね。
これが法規走行なのです。

②の右折の場合
交差点を右折して、
次の交差点も右折、
次の交差点も右折

一つ目の交差点から右折した後は、
次の交差点も右折するので、
センターライン寄りにラインを取る。
この時ウィンカーは右で点けっぱなし
交差点進入前に左右確認をして、交差点を通過、

二つ目の交差点を少し走った所に、
クランクの入り口があるけど、
無視してウィンカーは点けっぱなし、
これが法規走行です^^

三つめの交差点の後は、通常走行になるので、
左右安全確認をして、右折したら、
キープレフトで左寄りのラインを取る
ここは結構忙しいですね、
交差点ですがクランク並みの技術が欲しくなる所です。

③の右折の場合
クランクの次右折2回

課題のクランクに左折で進入したらすぐに、
右ウィンカーを出す、
クランクが終わったら出口で安全を確認して右折、
次も又右折するのでセンターライン寄りにラインを取る。
交差点進入前に左右安全確認をして、交差点通過。
この時もクランクの中から、
ウィンカーは右で点けっぱなし。
右折後はキープレフトで走行。

④の右折の場合
車線変更3秒前にウィンカーを出して車線変更、
右折30m手前までにウィンカーを出して右折。

これが車線変更と右折の基本走行の仕方ですね。
バックミラーを見る、
ウィンカーを出す、
右後方を確認する、
前を見る、
車線変更。
30m走行して右後方確認をして右折。

ここでも調子に乗ってスピードを出し過ぎると、
距離が無くなってしまい3秒前、30m手前の
法規走行が出来なくなってしまいます。
これが右折と、車線変更の基本ですね。

一般道走行と法規走行は全然違います。
いくら一般道をバイクでスイスイ走れても、
免許センター試験ではほとんど役に立ちません。
あくまで法規走行ですから。
参考にして下さい。

技能試験のきまりと注意事項

大型自動二輪免許注意事項

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す