大型自動二輪車免許 センタースタンドを簡単にかけるコツ

Pocket



大型自動二輪車免許 センタースタンドを簡単にかけるコツ

大型自動二輪となると重量が重くなります。
普通二輪の重量は200kgくらいですが、
大型自動二輪の重量は250kgくらいになります。

大型自動二輪車免許を取る時は、
そのバイクを起こしたり、
引いて歩いたり、
センタースタンドを掛けたりしなくてはいけません。

大型自動二輪centerstand

バイクはエンジンがかかっていて、
前に走る分には快適に走行できるのですが、

エンジンが止まっている状態の時は
ただの鉄とアルミのかたまりですから当然重いです。

その重いバイクを起こしたり、
引いて歩いたり、
センタースタンドを掛けたりするのが、
大変だとアナタは思っていませんか?

まともに大型自動二輪に対して向き合ったら、
重くて大変ですが、

コツをつかんでしまえば、
バイクを簡単に扱えててしまうのです。

センタースタンドを掛ける、
片手でCB1300のセンタースタンドを掛けています。

【センタ-スタンドを掛ける手順】

●ハンドルを真っ直ぐにする。

●左手で左ハンドルを持つ。

●右手で荷物フックを持つ。

●バイクを真っ直ぐに立てる。

●センタースタンドを下ろしてセンタースタンドの足が、
両方地面に設置したのを確認する。

●体をバイクに近づける気持ちでセンタースタンドから出ている、
フックに体重を掛けてテコの原理を利用してセンタースタンドを立てる。

大型自動二輪centerstandkotu

バイクのセンタースタンドを掛けるには、
特に力を使うことはないんです。

コツをつかんでしまえば、
楽にセンタースタンドを掛ける事が出来ます。

最近の大型自動二輪はセンタースタンドが付いていないモデルが、
多くなっていますね。

でもやはり、あると便利なのがセンタースタンドなんです。
メンテナンスする時にセンタースタンドがあると便利ですね。

チェ-ンにオイルを注す時なんかかなり楽です。
後輪のホイールを磨く時も楽ですよね(前輪は大変ですが)
自分でオイル交換する時も楽に出来ます。

大型自動二輪centerstandoil

何かと、センタースタンドは付いていると重宝します。

センタースタンドが邪魔な時もありますが

僕はマフラーを集合管に変えているので、
センタースタンドが当たってしまうので、
センタースタンドは外しています。

個人的にはセンタースタンドはいらないですね。
サイドスタンドだけで充分だし

センタースタンドが無いとスッキリ見えるし、
センタースタンドを外すとその分軽くなりますしね

教習ではセンタースタンドを掛けますが、
実際バイクに乗る時は、
センタースタンドは使いませんね。
バイクのセンタースタンドは、ハッキリ言って邪魔です^^

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す