大型自動二輪免許 一発で取得する基本

Pocket



大型自動二輪免許を免許センターで一発で取得する、
と聞いて絶対無理とあなたは思いませんでしたか?

そんなことは決してありません。
私は免許センターで大型自動二輪免許を一発で取得しました。

大型自動二輪は一発で合格できるのです。

免許センターでの大型自動二輪免許試験採点は厳しいと
言われてますが、確かに自動車学校の卒検に比べると厳しいですがね。

ではどうやったら免許センターで大型自動二輪免許に合格できるのか?
免許センターの人は警察関連の人とか交通課の人とかがいます。

要は体育会系の人が多いのです。
そういった人が重要視するのが

服装と挨拶なんです。

基本は服装と挨拶なんです。
ヘルメットはジェットヘルかフルフェイス

大型自動二輪免許ジェットヘル

上着は革ジャン又はライディングジャケット

大型自動二輪免許ライディングジャケット

ズボンは革パンツ又はライディングパンツ

大型自動二輪免許パンツ

靴は皮ブーツ又は長靴

大型自動二輪免許ブーツ

手袋は皮手袋又は軍手

大型自動二輪免許グローブ

こんな感じの地味な服装が基本です。
基本は肌を出さない事です。

肌を出しているとバイクで転ぶとアスファルトに擦れてケガをする
というのが基本理念なので夏でも長袖を着るようにします。

色は地味な色がいいですね。
なんせ試験官は体育会系ですから。

柄物のシャツとかはやめたほうがいいです。
この時点で減点されている人もいますからね。

バイクに乗る時の試験官への対応。

試験でバイクに乗る時自分の番なると、
受験番号で呼ばれます、ちなみに僕は21番でした。

「次21番」

と言われたら

試験官の方を向き右手を上げて、ピンと伸ばし
「はい、21番シカゴです、宜しくお願いします」
と大きい声で試験官に挨拶します。
そして一礼する。

大型自動二輪免許挙手

他の人は誰もやってないので少し恥ずかしいですがね。
だから他の人は落ちたのかもですね^^

大型自動二輪免許を受ける時の基本の一つは、
挨拶と服装なんです。

服装は皮まで着なくてもいいですが
バイクを運転していてバサバサしない服装で
受験しましょう。

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す