大型自動二輪免許 走行位置、ライン取りの秘訣

Pocket



大型自動二輪免許 走行位置、ライン取りの秘訣

大型自動二輪の課題以外での走行位置です。
通常はキープレフト(車体を左路肩から1m以内で走る事)で、
走行するのが基本です。

1m以上離れて走行すると、当然減点対象になります。
つまり道路の左寄りに走行することなんですね。

実際は真ん中より左寄りに走っていればいいのですが、
ハッキリ試験官に分かるように左1m位を走行すると、
減点対象にはならないですね。

通常走行ならキープレフトでOK!

左折の場合
ここでもキープレフトでいいとされているのですが、
左折する時は、ウィンカーを出してから、

後方確認をして、
メリハリをつける為に30m手前から、
左50cm位にバイクを寄せて左折する。

左折中は左50cm間隔を保ったまま左折して、
左折が終わったらキープレフトに戻す。

右折の場合
右折する時はセンターライン寄りに走行します。
この時も30m手前までにセンターライン50cm寄りに
走行しなくてはいけません。

ウィンカーを出して後方確認
右折する所の30mまでにセンターライン50cmに
バイクを寄せる。

大型自動二輪走行位置
右折が終わったらキープレフト走行
信号が赤で止まってしまった場合、
当然信号が赤の時は停止線で止まらなくてはいけません。

停止線を越えて停止すると試験停止になります。

信号が青に変わったら、
交差点の左右確認をして右折します。
確認の仕方は右→左→右
ギアは1速で走行して右折が終わったら2速にする。

車線変更
車線変更する場合は30m手前ではなく、

車線変更する3秒前にウィンカーを出す事です
車線変更する3秒前にウィンカーを出して
後方確認をして車線変更をする。

走行位置のコツは
30mと3秒が基本になってきます

30mは走行中に測定はできないので、
あらかじめコースのどの辺りが30mなのか
覚えておくとコースのライン取りが楽になります。

大型自動二輪免許試験は平日しか受けられません。
平日は仕事で行けないという方もいると思いますが、
いきなり試験では受かるものも落ちてしまいます。

大型自動二輪免許の試験コースはあらかじめ
覚えておくと楽に受験出来ます。

免許センターに行くと大型自動二輪免許試験コース
の案内がもらえます。

福島市にある免許センターの、
大型自動二輪免許の試験コースは3コースありました。

どのコースになるかは試験当日の朝発表になるので
当然全部覚えないとだめです。

紙を見ただけではコースの感覚を掴めないので
実際にコースを歩いてみるといいですよ

平日のお昼12時~1時は試験も昼休みになるので
コースを歩く事が出来ます(福島はできました)

実際にコースを歩いて左折の時の確認ポイント
右折の時の確認ポイント
課題終了時の発進する時の確認ポイント

これをやるだけでコースの覚え方が全然違います。

1周歩くのに20分かかるので1日で
3コース全部歩くことが出来ましたよ

大型自動二輪免許試験は
スラロームやクランクといった課題も大切ですが
走行位置、確認が大切です

課題は完璧でも走行位置が出来ていなければ
当然減点されて試験不合格になってしまいます

何回も受験する人は確認、走行位置が出来ていないですね
確認、走行位置で減点されて落ちている人が多いハズです
確認、走行位置もしっかり覚えましょう

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す