ライディングテクニック上達のコツ シートに座る位置で変わるハンドリング

Pocket



ライディングテクニックの基本は、
座る位置がかなり大きなウェイトを締めます。

ライディングテクニック乗車位置

「ん?そんな座る位置でそんに変わる訳ね~だろ」
と思った人もいると思います。
それが大有りなんですよ!

特にバイクは体重をかける位置でバランスがかなり
変わってくるのです。

大型自動二輪クラスのバイクの重量は大体200kg前後です。
そこに大人がヘルメットとライディングギアを装着して、
バイクに乗る準備をすると体重が70kg~80kg位になります。

バイクの1/3位のウェイトが乗る事になります。
この重量がバイクの操作に影響が出ない訳がありません。

まして400ccや250ccのバイクとなればバイクの重量が更に
軽くなるのでもっとバイクの操作に影響が出ます。
その体重を利用してバイクを上手に操作してしまうのです。

バイクのシートの座る所に少し余裕がありますよね?
シートの前に座る
シートの後ろに座る

でハンドリングが変わってきます。


シートの前に座ると

ライディングテクニック乗車位置前

当然荷重がフロントタイヤにかかってきます。
フロントタイヤに荷重がかかってくると超低速で、
フラつき補正や、Uターンがしやすくなるのです。

バイクの重心は、エンジンの近くになります。
その重心の近くに荷重を持っていけば、
低速運転で安定しやすくなるのです。

だから渋滞にはまった時のノロノロ運転の時は、
役に立つライディングテクニックです。

低速でUターンする時も楽に安定して出来るので、
簡単にバイクを回す事が出来ます。

バイクの試験課題でも効果は出ます。
一本橋やクランクでは、抜群の安定性を出せます。

シートの後ろに座ると

ライディングテクニック乗車位置後ろ

当然今度は荷重はリアタイヤにかかってきます
あまり後ろに座りすぎてヒジが伸びてしまっては
ハンドリングに良くないので、
軽くヒジが曲がる程度の位置まで腰を引く
リアタイヤに荷重がかかればリアタイヤを軸にして、
バイクをバンクさせやすくなるのです。

ワインディング(峠道)だけでなく、
車線変更でもこの効果は体感出来ますよ。

感じとしては腰を少し後ろに引いて、
リアタイヤで曲がる感じでバイクを倒す。
そうすると簡単にバイクの操作が出来てしまいます。

バイクのコントロールの基本は、
リアタイヤをどれだけ上手く操れるかによります。
簡単なので練習してみて下さい。

バイクのシートに座る位置だけで、
バイク操作が変わります。
練習してみて下さい。

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す