バイクのギアをニュートラルに簡単に入れるコツ

バイクのギアで以外に難しいのが、
エンジンの止まっているバイクのギアをニュートラルに入れる事ですね。
クラッチを握ってシフトペダルをガチャガチャ上にやったり、下にやったり。
しばらくやってても、なかなかニュートラルを出せない!
簡単そうで、なかなか出せないニュートラル!

「うぉー、ニュートラルに入らねー!」

なんて経験ありませんか?
僕は結構ありますね。

急いでいるときなんてイライラしちゃいます。
そんなイライラを解消する、
ギアを簡単にニュートラルに入れる方法があります。

エンジンがとまっている時に簡単にニュートラルを出すには、
クラッチを使わないで、バイクを軽く前後に動かしてギア操作をする。

バイクニュートラルギア操作

そうすると簡単に、ニュートラルを簡単に出す事が出来ます。

バイクニュートラル

バイクを駐車する時は、ギアを1速に入れて駐車するのが基本です。
万が一の時の為に、バイクのギアを1速に入れて止めるのです。
特に坂になっている所にバイクを駐車する場合なんかは必ずギアを、
1速に入れてバイクを駐車しないと、
バイクが動いてしまい、最悪の場合倒れていた、なんて事もあります。

ギアを1速に入れてバイクを駐車しないのは、
ニュートラルを出すののが、面倒なだけなんですよね。
僕の場合がそうですから^^

僕が痛い経験をしたのが、
北海道ツーリングに行った時なんですが、
北海道ツーリングの時は、
荷物をたくさん後ろのシートに積んでのツーリングになります。
みつばち族とも言います。

荷物をたくさん積みますから、
結構な重さにもなりますしバランスを崩し易くなりますね。

その北海道ツーリングの途中で、荷物のバランスが悪くなったので、
バイクを止めて、エンジンを切りました。
この時バイクのギアはニュートラルのまま。

バイクの荷物をバンドで縛りなおして力を入れて、
荷物を締めようとしたら、「ギギギーッ」っと
サイドスタンドがアスファルトにこすれる嫌な音がして、
「あ!ヤベー」と思った瞬間バイクが倒れてしまいました。

「あー、やっちまった」

ショックでした。
バイクが壊れれいる所ないか調べると、
バイクには少し擦りキズが付いた程度でしたが、
なんと!左側のバックミラーが割れてしまってました。

「なんてこったーついてねー」なんて事もありました。
ショックでした。
この時もギアを1速に入れてバイクを駐車していれば、
バイクの転倒とバックミラー破損は防げたのです。

やはり僕もニュートラルを出すのが面倒だったので、
バイクを駐車する時ギアを1速に入れてなかったのですね。

ニュートラルを簡単に出すには、
クラッチを使わないで、バイクを軽く前後に動かしながら
ギア操作をすると簡単にニュートラルを出す事が出来ます。
バイクを駐車する時はギアを1速に入れるのは基本です。
大事な愛車を転倒から守る為に実践してみましょう。

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す