北海道ツーリングにガソリン携行缶が必須アイテムです

北海道は長い山道を走る事が多くなるので、
万が一の時のためにガソリン携行缶があれば安心ですね。
特に林道を走るオフローダーの方は特にオススメですよ。

オプティマムガソリン携行缶1000ml消防法適合品

ガソリン携行缶

北海道ツーリングはどうしても
ロングツーリングになりがちです
こまめにガソリン補給をしながら北海道ツーリングを
楽しめればいいのですが
つい走行距離を忘れてしまって
ツーリングをしてしまう事もあります
北海道ツーリングをするのに気をつけなければいけないのが

給油のタイミングなんです

市街地を走っている分には何の問題もないのですが
郊外に行ったときが問題なのです
いきなり店や建物がなくなるときが結構あります
そうなると当然ガソリンスタンドもありません

そうですガス欠なんです

ほとんどのバイクのガソリンタンクには
15リットル前後のガソリンは入るはずです
燃費は12km位としましょう
単純計算で180km位は走れる事になります
もしガソリンが半分以下で山道に入ってしまったら
ちょっとヤバイかもしれませんね

ガソリンタンクの残りが3リットル位だと
もしかするとガス欠になる可能性があります

山の中でのガス欠はかなりキツイです
携帯電話の電波が届けばまだいいのですが
最悪の事態を考えると

携帯電話の電波が圏外だったら
雨が降っていたら
夕方6時位でだんだん暗くなってきたら

この状態はかなりの極限状態ですよね
ハッキリ言って泣きたくなります

北海道ツーリングでの注意点ですね
そんな最悪の事態を少しでも楽に回避するなら
ガソリン携行缶の準備をしておけば安心です
1リットルでも12kmくらい走れればガソリンスタンドの
一つや二つありますから

ガソリンは揮発性が非常に高いので
携帯する場合専用の容器に入れておかないと
非常に危険です
石油と違って発火点が低いので少しの火花とか
静電気でも発火してしまうので注意が必要です

僕の友達なんか高校の時なんですが
夜バイクのガソリンの残りを確認するのに
暗くて中が見えなかったので
ガソリンタンクのフタを開けて
ライターで中を照らそうとしたら
その火がガソリンに引火してしまい
バイクは言うまでもなくオシャカになってしまいました^^

バカですよね~
あ~もったいない

しかし取扱を間違わなければ
ガソリンを持っていても安心です

消防法に適合しているガソリン携行缶なら安心
サイズも小さいので荷物にもならない
北海道ツーリングに最適な
ガソリン携行缶がオススメです

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ

コメントを残す