ハーレーダビッドソン ファットボーイFLSTF試乗体験談

ハーレーダビッドソン ファットボーイFLSTF試乗体験談

初めてハーレーダビッドソンに乗ってきました。

試乗

車種はハーレーダビッドソン ファットボーイFLSTF
排気量1,584cc
車両総重量330kg

ハーレーダビッドソンを試乗するのに、
車でバイク屋へ行きました。
試乗の予約をしておいたので、
ハーレーに乗るまでの時間はかからなかった。

受付表に名前と免許証番号を記入して受付完了!

簡単な操作方法をショップの店員さんが説明してくれた。
操作方法の説明が終わると試乗許可が出たので、
持って行った皮ジャンと皮パンツに着替えて、
皮ブーツも履いて全身真っ黒になった。
正にハーレー仕様の服装だ。

着替え

初めてのハーレーダビッドソンにまたがってみた。
やはりデカイ!
皮のシートは、フックラしていて、
柔らかくて座りごこちが良い。

ガソリンタンクの上に付いている、
メインスイッチをオンにして、
セルスイッチでエンジンスタート!

エンジンスイッチ

キュルキュル、
ド、ドド、ドドドド
ハーレーダビッドソンのエンジンが始動!

エンジン

ものすごいトルクを感じる。
でも以外に揺れは少ない。
アクセルを回してみる。

ドドドドド、

回転数が上がっても揺れは少ない。
予想以上に安定している感じだ。

サイドスタンドを外してみたが、
予想以上に軽い!

ハーレーダビッドソンはもっと重いと思っていたから
ちょっとビックリした。

早速ハーレーダビッドソンを走らせてみよう!
クラッチを握ってギアを1速に入れる。
ギアチェンジの方法は日本のバイクと同じ!

ガチャッ1速にギアが入った。

ギア

ゆっくりとクラッチをつないでスタート。

ドドドドドド

トルクがあるのでアクセルを回さないで、
クラッチをつないだだけで
ハーレーダビッドソンは動き出した。

国道4号線を南へ向けての試乗だ。
直線なのでアクセルを回してみた。

ドドドドドド

低速からの加速感は、
日本のバイクには無い感じだ。

グイグイ引っ張られる感じで加速する。
体が後ろに持っていかれそうになった。

秋晴れの4号線は気持ちが良い!
直線の4号国道。

少し走って行くと、
大型トラックが走っていたので、
追い越し車線から抜いてみた。
6速に入れたままアクセルを回す。

ドドドドド

ギアを下げなくてもグイグイ加速する。
凄いトルクだ。
あっという間に大型トラックを追い越した。

信号が赤になので、ストップ。
周りの車からの視線を感じる。

「ハーレーダビッドソンは目立つんだな~」
これがハレーダビッドソンに乗る優越感なんだなと感じた。

信号が青になったのでスタート。
少しハーレーダビッドソンの運転に慣れてきたので、
アクセルを多めに開けてみた。

ドドドドドド

下からの加速が凄い!
湧き上がってくるような加速感を味わえる。
一気に周りの景色が流れて行く。

さすが1,584ccのエンジンを積んでいるだけある。
ウィンカーを出してバイク屋の元の位置に戻ってきた。
ハーレーダビッドソンのウィンカーは、

右は右に付いていて、

ウィンカー右

左は左に付いていた。

ウィンカー左

運転してみた感想は、
予想以上に揺れが少なくて、
安定した感じで運転できましたね。

100km/h出しても安定した走りでした。

今回ハーレーダビッドソンに試乗させてもらったショップは

〒960-0102 福島県福島市鎌田字下田18-1
電話 024-552-5711
ワークスサクライ

ワークスサクライ

気軽にハーレーダビッドソンに試乗出来ますので、
興味がある方は行ってみてください。

試乗の予約が入っている場合もあるので一度電で問い合わせしてから
行ってみると良いかもしれません。

 

・・おすすめライディングテクニック・・
・・上達法ランキング・・
ランキング1位
小柄な女性が150馬力、1,000ccの大型自動二輪車を、
簡単に乗りこなしてしなうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~DVD2枚組~ 詳しくはコチラ

ランキング2位
1,584cc、340kgの重いハーレーダビッドソンを簡単に
自転車のように乗りこなせてしまうライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ハーレー・アメリカンバイク編~ 詳しくはコチラ

ランキング3位
1,000ccの大型自動二輪車で峠道の苦手な右コーナーを
簡単に克服できるライディングテクニック
ツーリングで一目置かれるライディングテクニック習得法
~ワインディング編~ 詳しくはコチラ